ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ページの先頭です

文字サイズ
文字サイズ

背景色
背景色

ここからグローバルナビです。

MENU

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

News

パブリックビューイングイベント「東京ラグビーファンゾーン2018」

豪華ゲストたちと一緒にパブリックビューイングで大興奮!「東京ラグビーファンゾーン2018」

11月3日(土・祝)、調布・味の素スタジアムで行われたラグビーテストマッチ日本代表 VS ニュージーランド代表の試合にあわせ、有楽町インフォスにて「東京ラグビーファンゾーン2018(以下、ファンゾーン)」を開催。当日は、豪華ゲストによるトークショーやライブなどが行われ、大勢の方が集まる熱狂的なイベントとなりました。

「東京ラグビーファンゾーン2018」のイベント会場

「東京ラグビーファンゾーン2018」のイベント会場入口

ラグビーワールドカップ2019™(以下、RWC2019)開催まで1年を切り、また「オールブラックス」の愛称で知られるラグビー世界最強国との試合となれば、当然、日本代表への応援にも熱が入ります。会場には、入場前からたくさんのラグビーファンが詰めかけ、入場待ちの列が出来るほどの賑わいでした。

イベントの開場

開場と共にたくさんの人が入場した

会場内は、3つの大画面があるパブリックビューイングコーナーとステージ、ラグビー体験などができるコーナー、フード&ドリンクコーナーなどに分かれ、ラグビーに囲まれながら、思い思いに時間を過ごすことが出来ました。

飲食と観戦スペースもたくさん

飲食を楽しみながら観戦できるスペースもたくさん

ラグビー体験コーナー

誰でも気軽に参加できるラグビー体験コーナー

優勝トロフィー「ウェブ・エリス・カップ」も展示

本物の優勝トロフィー「ウェブ・エリス・カップ」も展示。本物です!!

MCのケリー隆介さんがステージに現れイベントが開始。ラグビー応援ユニットのKAGAJO☆7によるミニライブでは、ラグビーのルールを歌詞に取り入れた曲や、対戦相手のニュージーランドのことを盛り込んだ演劇など、可愛らしいステージに会場は盛り上がりました。

イベントMCのケリー隆介

イベントMCのケリー隆介さん

KAGAJO☆7のミニライブ

KAGAJO☆7によるミニライブ

続いて、モデルの池田美優(みちょぱ)さん、俳優の菅谷哲也さん、お笑い芸人の地球さんが登場して、「#ちょいボラ」PRステージを開催。池田さん・菅谷さん出演の「#ちょいボラ物語」のムービー紹介やボランティア活動に関するトークを繰り広げました。

「#ちょいボラ」PRステージの池田美優(みちょぱ)さん(左から2人目)、菅谷哲也さん(左から3人目)、地球さんのお二人

「#ちょいボラ」PRステージを盛り上げる、池田美優(みちょぱ)さん(左から2人目)、菅谷哲也さん(左から3人目)、地球さんのお二人

いよいよパブリックビューイングを一緒に観戦するゲストたちが登場です。ラグビーワールドカップ2019™開催都市特別サポーター(東京)の山崎紘菜さん、元ラグビー日本代表でラグビーワールドカップ2019™アンバサダーの伊藤剛臣さん、元ラグビー日本代表の佐々木隆道選手、村田毅選手がステージへ。前回ワールドカップの話をはじめ、いまや世界の強豪国と堂々と渡り合うことのできる日本代表チームの「強さ」について熱く語り合いました。

トークショー(左より)山崎紘菜さん、伊藤剛臣さん、佐々木隆道選手、村田毅選手

トークショーに登壇した、(左より)山崎紘菜さん、伊藤剛臣さん、佐々木隆道選手、村田毅選手

試合前には、HIP-HOPアーティストのSEAMOさんによるスペシャルライブが行われました。軽快なサウンドと激しいビートで、会場内には一体感が生まれ、ラグビー日本代表を応援する気運がさらに盛り上がりました。

SEAMOさんのスペシャルライブ

盛り上がりをみせたSEAMOさんのスペシャルライブ

ライブの余韻が冷め止まぬまま、ステージには再び、山崎紘菜さん、伊藤剛臣さん、佐々木隆道選手、村田毅選手、KAGAJO☆7の皆さんが登壇。ここで伊藤さんが、ラグビー初心者でも応援しやすいようにと「ニッポン!さくら!ラグビー!」という応援コールを提案しました。他のゲストたちも、ラグビーの魅力や代表戦の見どころについて熱く語ると、観覧席へ。大画面に味の素スタジアムの様子が映し出されると、会場内の皆さんは固唾を飲んで画面に見入りました。

山崎紘菜さん

試合への期待を語る山崎紘菜さん

応援コールを提案する伊藤剛臣さん

応援コール「ニッポン!さくら!ラグビー!」を提案する伊藤剛臣さん

選手視点でコメントする佐々木隆道選手(左)、村田毅選手

選手視点でコメントしてくれた佐々木隆道選手(左)、村田毅選手

KAGAJO☆7も一緒に応援

KAGAJO☆7の皆さんも一緒に応援

試合開始と共に白熱したプレーが続きます。先制点はニュージーランド代表に奪われましたが、日本代表が先に初トライを決めると会場は一気に湧きました。その後、ニュージーランド代表の猛攻に耐える日本代表。前半終了間際、日本のトライが決まると、ゲストと観客に皆さんでハイタッチ! 会場は大いに盛り上がります。前半戦は19対38と押されましたが、後半戦に望みを託します。

大画面にはたくさんの人が集まった

大画面の前にはたくさんの人が集まった

応援で一体感が生まれた

応援で一体感に包まれる会場

ゴールが決まった瞬間のハイタッチ

ゴールが決まった瞬間、ゲストの皆さんは立ち上がりハイタッチ

後半もニュージーランド代表が優勢のままの展開。それでも日本代表は必死に食らいつきます。緊迫したシーンになると大画面に向かい応援コールが巻き起こり、パブリックビューイング会場もスタジアムに負けない熱量でした。日本代表のトライが決まると、会場は湧き上がります。残念ながら31対69で日本代表は敗れましたが、世界最強軍団と呼ばれるニュージーランド代表に5トライを奪うなど、大健闘といえる試合内容に、会場からは惜しみない拍手とエールが起こりました。観戦後のゲストトークでは、今回の日本代表の健闘に、来年開催のRWC2019への期待が大きく膨らんだというコメントで締めくくられました。

ゲストの皆さんは、それぞれの想いを語った

試合の興奮がおさまらぬゲストの皆さんは、それぞれの想いを語った

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。