ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

MENU

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

News

RWC2019組織委員会と東京2020組織委員会が協定締結

ラグビーのワールドカップ2019組織委員会と東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織員会が4月26日、お互いに協力する協定書を交わしました。

 同じ国・地域で開催されるラグビーワールドカップ組織委員会と五輪組織委員会が協定を結ぶのは前例がなく、ラグビーワールドカップ2019組織委員会の嶋津昭事務総長は「東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会と連携して相乗効果を発揮し、大会を成功に導きたい」と期待しました。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長も「お互いに協力し合って、さまざまな知見の共有、情報交換をしたりして、より効率的な運営を目指したい」と語った。

 両組織委員会は、①競技運営、警備および輸送等に関する連携②ボランティアに関する連携③アンチ・ドーピングに関する連携④開催会場設備・施設整備に関する連携⑤その他大会の準備および運営における必要な事項ーの5項目について、連携・協力を図ることになりました。この連携協定はまた、国際統括団体のワールドラグビー、および国際オリンピック委員会をも喜ばせました。

 この協定で様々な分野において情報共有がなされていくほか、ボランティアのトレーニング、コスト削減などでも協力していくことになります。会見には、約60人の国内外のメディアが駆けつけました。嶋津事務総長は調印式後、武藤事務総長と笑顔で固く握手。両大会において3都市(東京、横浜、札幌)で競技場が重複することを受け、嶋津事務総長は「例えば、ラグビーワールドカップのセキュリティーやボランティアの経験が、オリンピックでも役に立つことになると思います」と連携のメリットをアピールしました。

ワールドラグビーのビル・ボーモント会長のコメント

 本協定により、テクノロジー、会場、セキュリティー、ボランティアのトレーニング等、様々な分野において、両大会の開催から多くの相乗効果が得られるでしょう。我々は今回の協定に関わるすべての方々と協業できることを楽しみにしています。ラグビーというスポーツにおいて、成功の土台になるものは、強いビジョンや価値観の共有、そしてチームワークです。この協定は、ラグビーワールドカップ、オリンピック大会、さらには日本のみなさんにとってきっと素晴らしいものになるでしょう

国際オリンピック委員会・ジョン・コーツ副会長(東京2020調整委員会委員長)のコメント

 今、スポーツ界の注目は、ラグビーワールドカップ2019および2020年のオリンピック開催地となる東京、そして日本に向けられています。両大会の開催が日本に多くの機会と恩恵をもたらすのみならず、両組織委員会が連携・協力し合うことで、数年間にわたる準備の過程において、ボランティアのトレーニング等、様々な相乗効果を得られることでしょう

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。